忍者ブログ
私が気まぐれに漫画を投下したりイラストを投下したりする。ゴミの掃き溜めみたいなところです
≪ Now [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] Past≫
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


こんにちは。アカツキです。今日はずっとフォルダに眠っていた「ツクール系」の下に書いてある「Alice: Madness Returns」をやりたいと思います。

私が知っているこのゲームの知ってる若干の知識としては、何か…こう…続き物…というのと…えと…まぁ、そのくらいです。あとはパッケージですね。 ←これです。

どうやら今年の6月15日くらいに買ってから一度もプレイしてなかったみたいです。
\さすが積みゲーマー/

というわけでやっていきます。


拍手



なるほど。登録が必要だったのですか。
この右下のマーク…シムシティの会社のところですかね。

そういえば私、「シムシティ4」を「Alice: Madness Returns」より過去に買ったんですが
英語で読めねぇということでやってません。…いつかやります。


そんな事より時代はアリスですよアリス。やっていきましょう。ビシバシグック。

名前を入力するところで気付いたのですが、どうやら日本語が打てないんですね。アカツキとしようにもローマ字のakatukiとなってしまって、これではちょっと恥ずかしい感じがしました。
そこで私、google先生に頼み込んでアカツキの英語を訳してもらい、それを入力することに決めました。わざわざ訳してもらっているのですから、文句の一つ言わずに採用させていただきます。アカツキって言葉、なかなかカッコいいんですから、英語だと超かっこよくなるとわくわくしました。



・・・だせぇ




それではやっていきます。ノーマルを選択させていただきました。なんやナイトメアって。




これはおそらく前作の話なのでしょうか?ですが記憶って?右は…帽子屋でしょうか。ジョニーもビックリ。


もしやこれはよくテレビやブラックジャックのKarte:31「20年目の暗示」の浅草医師の暗示みたいな奴をやってるんだろうか。たぶんそうだ。そうだ(確信)。


これから毎日…


記憶の中のワンダーランドはどうやら崩壊したようだ。燃える家や荒れる波、これは彼女のトラウマなのだろうか。

おまえがどうした


私の頭もメチャクチャよ!

あ、やっぱり。暗示だったようです。アリスの頭がメチャクチャよ状態から目を覚まさせたところです。

何か無能臭がするじじぃだな。
 
アリスが部屋から出ようとしたとき、次の患者と思わしき幼児が楽しげに入室。
おい待て。なんかすごく大事そうだし忘れさせんなよ。

部屋を出て歩くと生意気そうなクソガキがベッドの上に座ってた。どうやらトイレの匂いがするらしい。
  
…ン?


いや、なんでもない。なるほど、Tを押すと1人称カメラに。どれどれ?

 
………………………いや、まだ確信してはいけない。
もう少し様子を…


…たえきれません!
ここはもしかしてサイコパスというか…精神疾患の集いなのでしょうか。他にもここにいる子供たちはみんな不可思議な会話ばかりしていました。時にはこの主人公アリスに対する悪口?のような言葉も。みなしごだとか…

それと、アリスの部屋と思われる場所に額縁が。…皆目付き悪いですね。私はたぬき目の女の子の方が好きです。(…情喜やイウがこちらを見ている…)

それと、これは玄関前の場所で見た額縁。このクソガキどもに割り当てられた数字はなんなのでしょう。子供?それとも…


七部?

写真を撮る際オッサンがこちらを向いてくれました。いい笑顔です。

途中猫に遭遇。猫を追うシーンは兎ではないがなんとなくアリスそのものの作品の臭いを嗅ぐわすものです。

猫を見失い。奥の行き止まりに。ソンナー
すると後ろに

突如謎の…カマキリ?ネズミか?

ちゃう、ビッパや!この口はビッパに違いない!


アリウは草むらから飛び出してきた野生のビッパに遭遇し大混乱。そんな!モンスターボ-ルも手持ちのポケモンも一切連れてないわ!こんなことならオーキド博士の言うことをちゃんと聞いておけばよかったわ!


と思ったが突然背後から現れたババァによってビッパは消失。やったぜ。サンキューバッバ!
このババァいい奴だ!きっとそうだ!

と思ったがサイコパスで出来たサイコパスしかいない町には常識人なんていなかった。このババァ!ずっと自分に感謝しろ系のクズだ!あたし知ってるわ!このババァクズよ!違いないわ!

いい奴?言った覚えないな。




ババァに連れられるまま鳩がいるところへ行くと、突然ポケモンバトルを仕掛けられババァがビッパになった。アリスは大混乱。ビッパのババァがいかりのまえばをしそのあと穴を掘る攻撃をして床にぽっかり穴が開き、アリスが落下。
その落ちる様子はまるでウサギを追ってメイちゃんが木の穴に落ちた姿そのものだった。

いつの間にかしていた衣裳チェンジ。血がついてるがクリーニングに出していないのだろうか。

下にいたのは…
チェシャ猫かな。妙にうずうずしいな。アリスも当然のように冷静にまた来ちゃった的な発言。おい、ここから始めたユーザーには全然付いていけないんだが…。
とりあえず今日はここまでです。冒険始まるのかな…

今のところ感想と言えば、ちょっとまだ付いていけないの一言に限るかな。ストーリーを前作知ってる人ならわかるんだろうけど、私みたいな新参にはちょっと理解が難しいです。何故アリスは動揺しないのか?ビッパはなんなのか?ババァは?先生は?ガキどもは?元の世界は?
色々わかりません…。まぁここからきっとわかっていくんだと思うんですが…。

ここまで読んでくださってありがとうございます。もしかしたら続きを書いたり書かなかったりします。まずまた次にこのゲームをつける日が来るのか?

そこからが心配です

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
     
≪ Now [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] Past≫
プロフィール
HN:
アカツキ
性別:
非公開
自己紹介:
腕を切った少女は儚くも青い波に流されてその心まで溺れてしまいました。

ここをブログと称していいんです。いまいち私にもわからないですが、こちらアカツキがお送りいたします漫画は転載、及び自分が描いた等と主張する行為は一切禁じております。

リンクはフリーです。報告はしてもしなくても構いません。私の世界が皆様に知っていただけたら、それだけで嬉しいです。

サイト:黒色アゲハ

URL :http://akatuki.o-oi.net

Twitter:@sorairoageha82
最新記事
リンク
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
P R
忍者ブログ [PR]